受動喫煙防止法制定!急がれる喫煙ブースの設置に関する基本情報と豆知識をご紹介します!

コスト削減に貢献する屋外型喫煙ブースの種類とは?

世界的に禁煙が推奨されており、とくに煙草を吸う時に発生する副流煙被害の深刻さが判明し、公共機関や人が多く集まる施設での喫煙が出来なくなりました。
敷地の隅や風通しの良い場所に灰皿を設置する流れが続きましたが、副流煙の問題や火災の原因になるなどの新たな問題も発生します。
根本的な解決方法として分煙が提唱されました。
分煙は部屋を改造して喫煙ルームにしたり、ユニットを導入する喫煙ブースなどが設置されることで副流煙の問題を取り除く試みです。
火災原因になる火種の炎症を防ぐように、灰皿には水や消火装置が設置されているなどの配慮もされているケースがあります。
喫煙ブースをコスト削減して設置するならば、中古のブースを導入することも選択肢の一つです。
メーカーが回収してきたブースをリペアして、機能的に再利用出来るようなシステムで新品よりも廉価な値段で販売しております。
さらにリース契約や簡易ブースなどもあるので、予算に応じて相談することがおすすめです。

喫煙ブースはユーザーが多い場合には開放型も候補

喫煙ブースは空き部屋を改造して排煙処理する方法もありますが、ユニット型のタイプを後付けで導入する方法もあります。
室内に入る人数によってはプレハブタイプから小さなボックス型までのサイズ感があり、空気清浄機や排煙ユニットが付いており照明などのオプションもある場合があるのです。
禁煙ブースは利用者が多い場合には部屋タイプではなく、仕切りを設けたオープンタイプの開放型もあります。
送風機と集塵機と空気清浄機がワンセットになっておりますので、分煙効果は高いことが特徴になっているのです。
部屋タイプのユニット型よりは空気清浄機能は弱いですが、開放型ならではの利便性が高く圧迫感がなく移動がしやすいなどのメリットが少なくありません。
さらに排煙のためのダクトを設置すれば、集めた空気をクリーンにしてから外部に排出することが可能です。
同時に外気を取り入れることで室内の空気の循環も可能になりますので、喫煙ブース周辺の空気の入れ替えが出来ます。

喫煙ブースに関する情報サイト
喫煙ブースの使い方

受動喫煙防止法が制定され、建物や屋外において喫煙ブースの設置が義務付けられました。今までは屋外であればエリアを区切って喫煙できるようにすればよかったのですが、一定以上の人流がある場所に置いてはさらに密閉した空間での設営が必要になっています。法律が制定されても、ブース自体の設営までの期間は確保されていますが、悪質なケースによっては罰則もあるので可能な範囲で対応する必要があります。基本情報と豆知識を紹介します。

Search