受動喫煙防止法制定!急がれる喫煙ブースの設置に関する基本情報と豆知識をご紹介します!

喫煙ブースのランニングコストを抑える方法とは?

喫煙ブースのランニングコストは、室内型の場合は高くつきます。
これは、空気を入れ替えるために給気口・排気口などといった気流がある程度確保できるような換気設備の設置が必要となるためです。
排気口の場合、タバコの煙をそのまま喫煙所の外に排出するとなりません、排気時には、煙の臭い・有害成分などをある程度取り除かれた状態にする必要があることを覚えておきます。
あとは、こうした換気設備は年月とともに劣化しやすいです。
そのため、定期的に喫煙ブースや換気設備はこまめなメンテナンスを要します。
費用はこれによってもかかるかもしれませんが、ランニングコスト自体は抑えられるようになりますので覚えておきましょう。
排気量を減らす取り組みをするのも、費用削減に役立ちます。
それは、タバコの粉塵を掃除して捕集することです。
喫煙ブースをきれいにする取り組みをすることは、喫煙所を有効活用するのに最適と言えますので利用者同士でできるだけこまめに掃除をするなどをして、きれいにするように心がけましょう。

屋外の喫煙ブースを設置する際の注意点とは

喫煙ブースと言えば、壁に囲まれているスペースが屋内に設置されている印象が多いですが、近年では屋外喫煙ブースも増加しています。
屋外型の喫煙所は開放系喫煙所とも呼ばれており、種類としては屋根だけの物や、屋根と開いた一部分だけのような、囲いのようなスペースをイメージすると良いでしょう。
このタイプの喫煙スペースはメリットとデメリットがありますが、まずメリットから確認していきますと、コストが大幅に安く抑えられるという事です。
そしてデメリットの部分ですが、設置部分の難しさにあると言えます。
受動喫煙防止の観点が問題視されている中で、建物や施設などから充分に離れた場所を確保する必要があります。
例えば風などによってタバコの煙が建物や施設内に流れていくような場所には作れません。
またなるべく人通りが少ない場所に作る事が条件となります。
このようなポイントに注意しながら、喫煙スペースを設置することが望ましいでしょう。

喫煙ブースに関する情報サイト
喫煙ブースの使い方

受動喫煙防止法が制定され、建物や屋外において喫煙ブースの設置が義務付けられました。今までは屋外であればエリアを区切って喫煙できるようにすればよかったのですが、一定以上の人流がある場所に置いてはさらに密閉した空間での設営が必要になっています。法律が制定されても、ブース自体の設営までの期間は確保されていますが、悪質なケースによっては罰則もあるので可能な範囲で対応する必要があります。基本情報と豆知識を紹介します。

Search